2018年2月11日、下北沢CLUB Queにて行われる、それでも世界が続くなら 東名阪ワンマンツアー「静かなる反撃」最終日。

本公演はワンマン公演ではありますが、私CLUB Que店長後藤が代表として一般公募という形で対バン相手を募らせて頂くことになりました。

 

それでも世界が続くならはワンマンソールドクラスのバンドであり、またQueとしてもそれでも世界が続くならと対バンさせたいバンド達はまだまだ沢山居ます。

ですが今回、彼らが兼ねてより言っている『音楽は伝承。このバンドが終わる前に、自分達の意思を誰かに継承してもらいたい』という気持ちと本ワンマンツアーへの覚悟、また彼らと共演したいというバンドが自分から行動し“自薦”という形で一歩足を踏み出し、敬愛するバンドのワンマンを壊してでも伝えたいという位の気持ちをぶつけて来て欲しいというQueの思いから実現しました。

 

彼らと共演したいという皆さん。

是非、彼らの東名阪ワンマンツアーをぶっ壊しに来てくさい。そして、それ以上の感動と出会いと音楽を彼らにぶつけに来てください!!

先日それせかのメンバーと話していた時の事です。2018年2月のワンマンの事やそれ以降の話をしていたのかな。

ふとメンバーが『俺達どんな状況でもやる事は変わらないよ。例えお客さん1人でも、ワンマンだろうが対バンライブだろうが、俺達のライブは変わらないよ』こう話した。これは普段から彼らが言っている言葉である。

昨今4マンや3マンライブだからこうしたライブをする、2マンだからだとか、ワンマンだから特別こうしたライブをする、そんなある種不思議な雰囲気を感じる事がある。

ワンマンだろうが何だろうが自分たちのライブをする、変な話だがこれをきちんと実現出来ているバンドは日本にいくつ存在するだろうか。

そう思った時今回の彼らのワンマンツアーの最終日を何かコンセプチュアルなものに出来ないかと考え、今回の緊急企画をそれせかに提案した。

彼らは僕の考えを組んでくれ、話に乗ってくれた。

 

彼らの事を知っているバンド、憧れているバンド、なんでも大丈夫なので今回の企画にピンと来たバンドは是非応募してみて欲しい。

ライブとは何か一緒に考えてみませんか?

 

それせかファンの皆様へ。

ワンマンか2マンか3マンかまだ定かではありませんがどうか安心して下さい。

彼らはどんな状態・状況であっても、きっと皆さんが望むワンマンいやそれ以上の景色と感動を与えてくれるでしょう。

 

P.S.このワンマンぶっ壊し企画、他にやりたいバンドっているのかな笑? 居たら連絡下さい!

下北沢CLUB Que店長 後藤瞬

誰といようがどこにいようが、俺は俺で、君は君です。

このバンドは、僕がやっていたバンドがなくなって地元のライブハウスで働き始めた時に、好き勝手にやる為に始めた名前のないバンドです。

 

この話をQueからもらった時、バンドを組んだ頃のことを思い出した。なんていうか、俺だったらこれ応募したい。

いつか終わる俺からこれから始まる君に、血の通った音楽同士の衝突で、俺らの信念ごと君に渡したい。

俺らのワンマンツアーとかそんなん君の音楽にとってはどうでもいいでしょ、ぶっ壊しに来てよ。

だってライブ始まったら、誰とやろうがどこにいようが、あの瞬間だけはただ爆音の中で言えなかった全部を歌うだけ。

良いも悪いもない、全部関係ない。

だからやろうよ。よろしくね。

篠塚将行/それでも世界が続くなら