4202_25のコピー

livereport

【UKP OFFICIAL LIVE REPORT】2018.6.30(sat.) Helsinki Lambda Club結成5周年記念ワンマンライブツアー“エブリバディ・ウォンツ・ヘル!”@新代田FEVER

……すごいものを観た。誰も帰ろうとしない会場で、鳴り止まない拍手の音だけが響く。ステージに4人の姿はなく、横たわった楽器と大量の汗の跡が残っている。それでも観客はいつまでもアンコールを送り続けた。これが僕の観たHelsinki Lambda Club(ヘルシンキ ラムダ クラブ)のツアー初日の光景だ——

[文:真貝聡 / 写真:マスダレンゾ]

2018年6月30日、結成5周年を記念したワンマンライブツアー“エブリバディ・ウォンツ・ヘル!”1発目の公演が東京・新代田FEVERで開催された。開演時間になり、歓声に迎えられて4人がステージに姿を現し、ツアー開幕戦は「ぢきぢき」から始まった。ゆったりとした、心地いいメロディに体を預ける観客。夕焼けのような温かいオレンジ色の照明がメンバーを包む。時計を見ると18時30分を指していて、外ではちょうど夕日が沈む頃。これからヘルシンキと僕らの夜が始まる……そんな気分を味わうのにピッタリの選曲だった。

 

4203_21のコピー

 

うっとりとするような綺麗な世界を見せつけた後、2曲目「ユアンと踊れ」で空気は一変、フロアはダンスホールと化した。およそ2分30秒のロックンロール。ミラーボールの下で手を挙げる人、ジャンプしている人、自由なステップを踏んでいる人。フェスの一体感とは違って、聴いている各々が自分勝手に音楽を受け止めている様子がたまらなく良かった。橋本薫が歌う<ジョン・レノンもジム・モリソンもブライアン・ジョーンズも皆死んで/気付いたら21世紀>。これこそ僕らの時代の、僕らのロックだと思った。あぁ……気持ちいい。その後、「King Of The White Chip」「Boys Will Be Boys」「Skin」を立て続けに連打して、気づけば、僕はポケットに入れていたメモ帳を一度も開くことなく前半戦が終了した。

 

4204_04

 

MCに入り橋本が「……5周年ということで、今回のワンマンツアーを始めたんですけど。初日の東京公演はソールドアウトで本当にありがとうございます。チケットがソールドアウトしてからも、ライブを観たい人たちの “チケットを譲ってくれませんか?”みたいな声も(ネットで)ちらほら見かけたりして。そこまでの情熱を自分たちに傾けられるってすごいですよね。僕らに限らず、何かにめちゃくちゃ情熱を傾けられるってすごいことなので……ずっとそういうことが続かなくても、年をとって“そんな時があったな”と思い出してくれれば良いんじゃないかな、と思っております」そう話して「Time, Time, Time」へ。

 

4203_33のコピー

 

橋本の言う通り、好きだった気持ちはいつか過去になる。——僕が初めて新代田FEVERに来たのは7年前の夏。当時、付き合っていた彼女に誘われて、弾き語りライブを観に来たんだっけ……。そんなこと、この曲を聴くまですっかり忘れてた。<君は変わったことにも気付かなくて/次第に思い出せないことが多くなって>無意識に開いた心のアルバムから、どんどん色んな情景が浮かび上がる。確か、あの日は後方からステージを観てて……そうだ、そうだった……あれが2人で行った最初で最後のライブだ。<触れて溶け合うこともためらって/やがてなかったような気になる>歌詞のように、記憶なんて手の平からこぼれる砂みたく知らないうちに消えていく。それでもヘルシンキの音楽を聴くことで“あの夏”に再会できたのだ。ステージを見つめながら、僕は通り過ぎたあの日に思いを馳せた。

 

4204_31

 

10曲目の「PIZZASHAKE」では、「東京ワンマンを最高の夜にするために、スペシャルゲストを連れてきました!」サプライズで登場したのは、レコーディングにも参加したトランペットとサックスのホーン隊2名。観客がリズムに合わせて手拍子をすると、この日、一番のグルーヴが生まれた。その後「NEON SISTER」「目と目」を披露し、会場をだんだんと深い夜の空間へ誘っていった。

再びMCになり、稲葉航大が「初ライブが7月21日で。(お客さんを見渡しながら)本当にね、あの時はこうなると思ってなかったですよ。そのライブに(熊谷)太起さんが、お客さんとして遊びに来てて……それが、今やメンバーですから」と感慨深げに話した。
——彼らは2013年にHelsinki Lambda Clubを結成、2014年にUK.PROJECT主催のオーディションで最優秀賞を獲得してデビュー。2016年に開催したツアーファイナルは渋谷WWWでソールドアウト。順風満帆に見えたが、2017年にギターの佐久間公平、ドラムのアベヨウスケが脱退。同年、Group2の熊谷が正式加入。ドラムにはYap!!!の柿内宏介をサポートメンバーに迎えた。振り返ると、5年の間で本当に色々な出来事が起きたバンドだ。そして橋本が「5周年なので、デビュー前の曲をやってみようかなと思います」と話して「檸檬倶楽部」を演奏した。
この曲は当時の橋本が抱いていた、退屈な日常から抜け出せない焦り、葛藤、怒りが込められている。誰かに愛してほしいくせに素直になれず、世の中を憎むことで自分を支えていた、あの頃。——それから5年後、彼らは約300人を前に歌っていて、今、フロアから多くの拳があがっている。<這いつくばっても構わないよ/この景色案外知らないでしょ?>続いて披露した「素敵な負け犬」の歌詞は、まるで橋本自身が過去の自分に歌っているように聴こえた。

 

4206_09

 

そして、終盤戦に突入。「流行ではない僕らなのに“こいつらカッコイイぜ”ってワンマンに来てくれていることが、ものすごくカッコイイと思います。自分で選んで、決めて、やっている人たちはカッコイイと思うので。僕らもお互いにカッコイイ関係でいましょう」と橋本が言って、「シンセミア」から「This is a pen.」へ。イントロを聴いて、ステージ前線に一気に人がなだれ込む。この時点で20曲目だというのに、曲数を重ねるごとに観客がどんどんと生き生きとしていく感じが新鮮だった。衝動、エモーショナル、感情の爆発、すべてのエネルギーがぶつかり合っている。なんだよ、めちゃくちゃカッコイイじゃないか。

本編ラストの「宵山ミラーボール」で、この日、初めてのモッシュが起こり、キャップを被った男の子も、白いブラウスを着た女の子も、スーツ姿の社会人も、みんなが揉みくちゃになっている。まるで台風を目撃しているようだ。計21曲を披露して、メンバーは盛大な拍手に包まれながら去っていった……。

 

4202_18のコピー

 

余韻に浸る間もなくアンコールへ。再び4人が登場にして最初に歌ったのは8月8日に配信限定でリリースされる新曲「Jokebox」。歌の中に浮かびあがるのは、若い男女。薄紅の頬をした女の子が、手を振って街の中へ消えていく……。これは、大きな出来事の起こらない“何の変哲もないラブソング”だ。橋本は最後に<二人は始まらない/ラストシーンは特にない>と締めくくる。リアルな恋愛はいつだって、始まりも終わりもドラマや映画のように劇的じゃなくて不意にやってくる。自分の恋愛を振り返ると、いつもしょうもない理由で別れてる気がする。だからこそ、この曲の歌詞にはリアリティを感じられたのだ。

そして「All My Loving」では、メンバーと観客で一緒にサビを熱唱。橋本が「最高の夜でした!ありがとう!」と発して「テラー・トワイライト」を歌う。<遠ざかる闇に手を振って/ライ麦畑を飛び出して/知らない世界の未だ見ぬあなたを探しに行こう>というフレーズが、僕らとヘルシンキが過ごした夜の終わりを告げているようだった。そしてサヨナラの代わりに、最高のロックをおみまいして白熱のステージを終えた。

 

4204_74

 

……しかし、だ。演奏が終わったというのに誰も会場から出ようしない。そして再び拍手が起きる。「これ、どうなるんだ!?」と思っていたら、袖からメンバーが登場。それぞれが楽器を持って、おもむろに弾き始めたのは「メリールウ」。全身の細胞が目覚めたかのうように、踊りだす人々。ダイバーたちがステージ目掛けて、次々に飛んでいく。目の前では橋本がギンギンに瞳孔を開かせて叫びまくり、稲葉はベースを弾きながらキレキレのダンスをかまして、熊谷は一心不乱にギターをかき鳴らし、柿内がとり憑かれたようにドラムを叩きまくる。理性とは反対の、本能をむき出しにしたステージング。歌い終わった後、息を整えて「今日は本当にありがとうございました!」と挨拶をして、袖へ消えていった。

……誰もいないステージには、まだ4人の余韻を感じる。そして客席に明かりがつき、初めて「終わったのか……」と、我に返った。2時間で25曲、この日はツアー初日とは思えないような、あまりにも圧巻のライブだった。

終演後、頭がボーッとしたまま新代田から下北沢まで歩いて帰った。途中、コンビニへ入るとラジオが流れていて、東京は6月としては39年ぶり6日連続の真夏日を記録したことが伝えられた。——ツアーは残り3公演。ヘルシンキの夏は、まだまだ始まったばかりだ。

 

4210_01のコピー

 

 

Helsinki Lambda Club結成5周年記念ワンマンツアー
“エブリバディ・ウォンツ・ヘル!”
2018年6月30日新代田FEVERセットリスト
01.ぢきぢき
02.ユアンと踊れ
03.King Of The White Chip
04.Boys Will Be Boys
05.Skin
06.Time,Time,Time
07.lipstick
08.メサイアのビーチ
09.Justin Believer
10.PIZZASHAKE
11.NEON SISTER
12.目と目
13.檸檬倶楽部
14.しゃれこうべ しゃれこうべ
15.バロンダンス
16.Morning Wood
17.Lost in the Supermarket
18.素敵な負け犬
19.シンセミア
20.This is a pen.
21.宵山ミラーボール

<encore>
Jokebox
All My Loving
テラー・トワイライト

<double encore>
メリールウ

 

 

<ライブ情報>

8月5日(日)UKFC on the Road 2018[下北沢CLUB Que]
8月22日(水)UKFC on the Road 2018[新木場STUDIO COAST]
9月8日(土)BAYCAMP2018

 

 

<Helsinki Lambda Clubプロフィール>
2013年夏、西千葉でバンド結成。

「PAVEMENTだとB面の曲が好き」と豪語するボーカル橋本を中心とした日本のロックバンド。無理やりカテゴライズするならば、ニューオルタナティブといったジャンルに分類される。

2014年12月、UK.PROJECTから2曲入りファースト8cmシングル「ヘルシンキラムダクラブのお通し」をリリース。

2015年3月、ファーストミニアルバム「olutta」をリリースし、FX2015、VIVA LA ROCK2015、MUSIC CITY TENJIN2015に出演。同年12月にシングル「TVHBD/メリールウ」をライブ会場と通販限定で、500枚を即完させる。

2016年6月、ファーストマキシシングル「友達にもどろう」をリリース。同年10月にファーストアルバム「ME to ME」をリリースし、全国8箇所で開催したリリースツアーは渋谷WWWで ファイナル公演をソールドアウトさせる。

2017年4月、佐久間公平(Gt)が脱退し、あらたに熊谷太起が加入。同年6月、UK.PROJECT内に新レーベルHamsterdam Recordsを設立し、第一弾としてtetoとのファーストスプリットCD(限定 盤)をリリースし、9月にはBAYCAMP2017に出演。
同年11月、Hamsterdam Recordsから第二弾として、ファースト7インチアナログ盤とUSBをセットにした『Time,Time,Time』をリリースし、即日完売店舗が続出。
同年12月、『Time,Time,Time』発売記念ライブをもち、アベヨウスケ(Dr.)が脱退。

2018年6月、ファースト配信シングル「PIZZASHAKE」をリリースすることが決定。
さらには同年7月、結成5周年を迎えることを記念して、初のワンマンライブツアーを開催することが決定しており、8月にはついに初のセカンドとなる配信シングル「Jokebox」のリリースも決定している。

すべて「ファースト〇〇」の形態でリリースし続けていたが、結成5周年でついにセカンドと銘打った作品にたどりつくこととなった。

Helsinki Lambda Club Official Site
http://www.helsinkilambdaclub.com

Helsinki Lambda Club twitter
https://twitter.com/helsinkilambda

Helsinki Lambda Club instagram
https://www.instagram.com/helsinkilambda

Helsinki Lambda Club Facebook
https://www.facebook.com/helsinkilambdaclub

  • audition2017_logo
  • デモ音源募集
  • ukfc2018バナー
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8