teto_A-sha_2021_summer_main

information

teto、サードアルバム「愛と例話」が8/4(水)にリリース決定。中断していた47都道府県ツアーも再開。
本日より新しいアーティスト写真を公開。

前作から約二年ぶりとなるサードアルバムが完成。2020年に配信限定でリリースし、スマッシュヒットとなった「夏百物語」、「もしもし?もしもさぁ」を始め全10曲を収録。中断していたteto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」の再開も決定した。8月28日の名古屋CLUB QUATTROから、9月29日のZepp Divercityまでの9公演となる。

新しいアーティスト写真、撮影は元(天国)が担当。

______________________________

<リリース情報>

タイトル:愛と例話
アーティスト:teto
発売日:2021年8月4日(水)
品番:UKCD-1193
値段:2,970円(税込)
レーベル:UK.PROJECT
Janコード:4514306018288

UKCD1193_h1

収録曲
1.宣誓
2.もしもし?もしもさぁ
3.とめられない
4.光とロマン
5.夏百物語
6.メアリー、無理しないで
7.遊泳地
8.燕
9.invisible
10.I just want to dive in REIWA!!

______________________________

【アルバム解説】

私達はなぜロックバンドが歌い鳴らすその一編の曲に自らの人生を重ね合わせてしまうのか。なぜロックバンドが歌い鳴らすその音楽に「自分の居場所がここにある」と感じてしまうのか。なぜロックバンドが歌い鳴らすその様に心救われ背中押され、そこに光とロマンを見出すのか。

——そんなことを今さら問うのは野暮なことなのだろうし、さらに言えばこの1年以上の間、人によっては音楽なんて所詮は飯の種にもならない不要不急なものなのだという事実をたくさん目の当たりにすることもあったけれど、だけどやっぱり、上手く言葉にすることも整理することもできない、いつの間にか重く心に溜まった澱のようなものを掬い上げ、晴らし、またそこから一歩踏み出していく力を、ロックバンドが生み出し奏でる音楽は不思議なほどに持っている。すべてが空虚に思えたり、すべてにうんざりしたり、不安と苦痛で吐きそうになったりしようとも、それでも生きるということの中にあるはずのロマンにも似た何かを、どうにも求めて焦がれてやまない光にも似たその何かを、胸に蘇らせ、たぎらせ、今を乗り越えて明日に手を伸ばさせる力を、ロックバンドは持っている。

tetoというロックバントとその音楽は、まさにその真髄を体現していると、ここに完成したアルバムを聴いて改めて強く思う。

2019年10月にリリースされた『超現実至上主義宣言』以来となる、サードアルバム『愛と例話』。混乱と混沌の渦中で幾重にもこんがらがった世界を蹴り飛ばすような、そこにある閉塞も退屈も、虚無も悲哀もやるせなさもすべてを飲み込んで突っ走るような、ガムシャラで前のめりなエネルギーが全方位で爆発していく冒頭3曲。矢継ぎ早に言葉を溢れさせながら叫び歌い、奔放な軌道を描きながらどこまでもドライヴしていくタフで自由なバンドサウンドが、目の前にかかったモヤを爽快に切り裂くところからこのアルバムは始まる。

全10曲38分。15曲ずつ詰め込まれた過去2作と比べると曲数を絞ったとも言えるアルバムだが、このアルバムには彼らがここまでの道程でモノにしてきた進化と深化が濃度高く結実している。前半のハイライトを撃つ名曲“光とロマン”からも明らかな通り、ソングライティングにしてもバンドの鳴らし方にしても、奥行きのある詩情をスポイルすることなくスッと核心を突く作詞にしても、明確に過去最高点を叩き出しているアルバムだと言っていい。オルタナティヴ、パンク、エモ、そしてマシンガンのような譜割で衝動を瑞々しくメロディに転化させる一方で、美しい日本語の情緒を宿した歌心をも併せ持つ、そんな彼らの音楽的な素養が楽曲ごとに見事に昇華されている。1曲1曲、表現したいヴィジョンをしっかりと具現化していったであろう楽曲群は、ロックバンドソングとしての王道性を持ちながらも退屈なクリシェに回収されることのない鮮度とアイディアに満ちていて、完成度がとても高い。

どの曲も音の手触りが生々しい。ボトムの太いリズム隊を中心に重心を落として荒地を蹴る瞬間も、空間系のエフェクトを纏いながら重力から解き放たれ天を駆ける瞬間も、記憶の奥にある景色を手繰る瞬間も、まだ見ぬ明日に想いを馳せる瞬間も、その瞬間に心身から溢れ出す止むに止まれぬ想いと衝動が、焦燥と渇望が、熱が、とても生々しく、とても美しく、歌声も含めたバンドの演奏の一つ一つに息づき、それを音楽作品としてパッケージすることに成功している。ロックバンドの演奏が時に放つ譜面にはできない何かが、確かにこのアルバムには宿っている。それは理屈を超えて深く、鮮やかに、聴き手の心を打つ。

前作『超現実至上主義宣言』の際に筆者が行なったインタビューで、小池貞利は「人間はただお互いにそこに存在することを認め合うしかない。俺には『あなたはあなたのままでいいんだよ』とはまだ言えない、俺が言えるのはただ『あなたはあなたとしてそこにいる』ということだけなんです」と話していた。その気持ちは今も変わらないのだろうけれど、より踏み込んだ表現で歌い掛ける場面が増えた。それはきっと、誰よりも彼自身が混沌とした今この時代・この社会の中でもがき、自分と向かい合い、音楽と向かい合った中で、自身が歌うべきものとして出てきた言葉達なのだと思う。<大切に守るべきものを迷わず選ぶから/あなたがアート、あなたが花だから離さぬよう/どこで生きていたって>、<未知で満ちた道をまた一から作り出す>(“もしもし?もしもさぁ”)、<誰かの最低も最高も塗り替えて/氷が張り詰めている世の中にひびを入れる>、<明日を信じ、ただ苦虫を噛む/穴空いた雨傘をさし、鮮やかな朝を待つあなた/その未来も光に溢れますように/この歌が兆しになりますように>(“とめられない”)、<いつの日か誰かを心から/愛せるようになれたら誰かの心も傷つけずに済むのだろうか?まぁいずれわかる/現実を歩く俺らせめて音の渦の中で求めるさ、光とロマン>(“光とロマン”)、<愛を幻想と語るのなら/あの人が何も言わずそっと掌で背中を押してくれた/あの温もりをなんと呼ぼう>(“遊泳地”)、<透明のままであれば叶うことはないのでしょう そうか>(“invisible”)……挙げていけばキリがないほど、パンチラインというべき歌詞が多い。<悲しみは君の血肉だと言う/だが喜びを捨てる理由にはならない>、<君の代わりなどどこにも居ない/だが君の役はきっと誰かが埋める>と、愛をもって退路を用意する“メアリー、無理しないで”も、自ら命を絶ってしまう人が多い昨今の中で、ひときわ印象的に響く。

そう。まるでオープニングナンバーかのようなテンションで掻き鳴らされるハードコア始まりのラストソング、“I just want to dive in REIWA!!”で聴き手を現実へと送り出す構造も含め、この『愛と例話』というアルバムは、ままならないこの世界への、この人生への、そして、荒波をかき分けるようにもがきながら今を生き抜こうとするあなたへの、tetoなりの渾身の愛の歌、なのではないかと思う。日々の中で惑う時、居場所を見失いそうになる時、この歌が、この音が、私の傍らで私と共にあることが明日を繋ぎ止めてくれるだろうという予感がある。この音の渦の中に、私はきっと、光を見つけられるだろうという確信がある。あなたにとってもそんなアルバムになるはずだ。

有泉智子 (MUSICA)

______________________________

<ライブ情報>

teto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」

2021年08月28日(土)名古屋CLUB QUATTRO
2021年09月03日(金)札幌PENNY LANE24
2021年09月05日(日)仙台CLUB JUNK BOX
2021年09月10日(金)大阪BIGCAT
2021年09月11日(土)高松DIME
2021年09月18日(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2021年09月25日(土)福岡DRUM Be-1
2021年09月26日(日)広島SECOND CRUTCH
2021年09月29日(水)東京Zepp DiverCity

※すべて単独公演になります。

______________________________

<tetoプロフィール>

2016年1月、ボーカルギターの小池貞利を中心に山崎陸(Gt)、佐藤健一郎(Ba)らとtetoを結成。
同年10月、自主音源となるファーストEP「Pain Pain Pain」を発売(現在廃盤)。
同年12月、福田裕介がドラマーとして正式加入し、現編成となる。

2017年8月、ファーストミニアルバム「dystopia」を発売。8月度のタワレコメンに選出される。
同年11月から<teto tour 2017「dystoipia」>を開催。全公演即日完売。

2018年3月、ファーストシングル「忘れた」を発売。
同年4月から全国9か所を廻る「teto <60分2,800円ツアー>」を開催。各公演、軒並みSOLD OUTとなる。
同年7月からバンド初のワンマンツアー「始発」を開催。全公演即日完売。
夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」「RUSH BALL 2018」「BAYCAMP 2018」「JOIN AIVE 2018」「MONSTER BASH 2018」等、各地大型野外イベントに多数出演。
同年9月、ファーストアルバム「手」を発売。
全22公演のリリースツアーとなる、teto ツアー2018「結んで開いて」は、ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMを含め、各地SOLD OUT公演が続出。
年末には「COUNTDOWN JAPAN 18/19」「RADIO CRAZY 2019」「GT2019」に出演。

2019年2月から、全国9か所を廻る「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2019」に出演。
ファイナルのマイナビBLITZ赤坂ではイベントのトリを務める。
同年4月、セカンドシングル「正義ごっこ」を発売。ワンマンツアーとなる「tetoツアー2019 正義売買 -seigi bye bye-」を開催。ファイナルとなるTSUTAYA O-EAST含め、各地SOLD OUT続出。
夏には「RUSH BALL 2019」「NUMBER SHOT 2019」「BAYCAMP 2019」「WILD BUNCH FEST.2019」「JOIN ALIVE 2019」「SKY JAMBOREE 2019」等、昨年に続き、大型野外イベントに多数出演。
2019 年10 月23 日、ファーストアルバムと同じく15 曲を収録したセカンドアルバム「超現実至上主義宣言」を発売。

2020 年6 月、通販・ライブ会場限定販売のCD 「4 (for) prologue.」をリリース。
同年11月、配信限定シングル「夏百物語」をリリース。
同年12月、配信限定シングル「もしもし?もしもさぁ」をリリース。

2021年4月、teto LIVE 2021「LIGHT ON EARTH」と銘打ち、日比谷野外大音楽堂となんばHatchで単独公演を開催。
同年5月、「VIVA LA ROCK 2021」メインステージに初出演。

______________________________

<関連サイト>

teto ホームページ
teto Twitter
teto Instagram
teto YouTube

  • twitter_header
  • アートボード 1@3x-100
  • アートボード 1@2x-100
  • デモ音源募集
  • 代沢まつりアイコン
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8