1223_visual

information

the dadadadys、Helsinki Lambda Club、Group2の3バンドが出演「TAIKIBANSeeeee.」東京キネマ倶楽部にて12/23(金)に開催決定

the dadadadysに改名する前のtetoとHelsinki Lambda Clubがスプリットツアー「TAIKIBANSeeeee.」と称して2021年11月から全国4か所を周った同イベントが、あらたにGroup2を迎えて、およそ一年ぶりに復活を遂げる。

dadadadys_202204

HLC_ArtistPhoto2022_main_M

Group2_アー写

イベントタイトルにも見え隠れしているが、この日の鍵となるのはHelsinki Lambda Club、Group2のギタリスト、熊谷太起。
カメレオンの7変化の如く多様なプレイを奏でる熊谷はthe dadadadys結成時から、バンドをサポートとしてくれた貴重な逸材であり、この日は熊谷祭りとなること必至である。

______________________________

【イベント情報】

<TAIKIBANSeeeee.>
12月23日(金) 東京キネマ倶楽部
OPEN 17:30 / START 18:30
お問い合わせ:VINTAGE ROCK std. 03-3770-6900

▼出演
Group2 / the dadadadys / Helsinki Lambda Club(50音順)

▼前売りチケット:4,400円(D代別)

▼一般発売:12月10日(土) 10:00~
チケットぴあ / ローソンチケット / e+

______________________________

<Profile>

・Group2
東京を拠点に活動する“オルタナティヴ・サイケ・ポップバンド”。
2015年Miles Apart RecordsからカセットEPをリリースし、翌年、初の流通作品であるEP『Like A』をリリースし、2018年11月には初のフルアルバム『Group2』をリリースする。過去に「SYNCHRONICITY’17」や、「Shimokitazawa SOUND CRUISING2019」に出演。また、これまで、DJパーティ「New Action!」と共催企画「Coming Age」、No Buses、本日休演、VaVa等他ジャンルのアーティストが出演した主催企画「的(テキ)」、東阪で活動するインディーバンド5バンドによる共催企画「ZONE」などのイベントを企画し、独自の活動スタイルで着実にシーンを横断している。
2020年9月2日に2ndフルアルバム『Group2 II』をリリース。
シューゲイズ、エモ、サイケ、ヴェイパー・ウェイブのニュアンスを残しつつ、持ち味でもあるクールなヴォーカルとトロけるサウンドの際立つこの作品は、InterFM897「New Fire!!」、J-WAVE (81.3FM)「SONAR TRAX」にも選ばれるなど反響を呼び、
音楽評論家の岡村詩野やライターの柴崎祐二からも絶賛を受ける怪作となった。
2022年にはAOR感溢れるダンスナンバー「Ordinary」、プログレッシブなサイケロック「Syndrome」、’80ニューウェイヴに今の空気感を吹き込んだ「Utopia」と、別のアプローチのシングルをリリース。
MICO(ex. SHE IS SUMMER)への楽曲提供など活動の幅を広げている。

=====

・the dadadadys
2022年1月26日、tetoとして6年間の活動をしていたボーカルギターの小池貞利、ベースの佐藤健一郎に加え、あらたに元2のドラマー、yuccoが正式加入し、この3人でthe dadadadysを結成。

同年1月、両A面配信シングル「ROSSOMAN!」をリリース。

同年4月、「RECORD STORE DAY JAPAN2022」にて「Do Wah dadadady」を10インチレコードでリリース。同タイトルの配信も開始。
サポートギターとして参加していた山岡錬が正式メンバーとしてバンドに加入し4人編成となる。

同年5月、東京キネマ倶楽部を皮切りに全国9箇所を廻るワンマンツアー、「the dadadadys TOUR 2022」を開催。

同年9月、全6公演の対バンツアー「the dadadadys TOUR 2022」を開催。

同年11月、両A面配信シングル「らぶりありてぃ / k.a.i.k.a.n」をリリース。

同年12月、東名阪ワンマンツアーを開催予定。

Official Site
Twitter
Instagram
YouTube
=====

・Helsinki Lambda Club
2013年夏に結成されたヘルシンキラムダクラブは、ボーカル・ギターの橋本薫を中心とした日本のオルタナティブ・ロック・バンド。 中毒性の高いメロディー、遊び心のある歌詞、実験的なサウンドは、一曲ではサーフロック、次の曲ではサイケデリックへと変幻し、音楽的ジャンルや文化の垣根を越える。

国内のフェス出演に加え、香港、北京、上海、台湾等でのツアーを果たすなど、日本のロックシーンにはかけがえのない存在となっている。 アメリカやイギリスのロックが言語を問わず世界に受け入れられたように、ヘルシンキラムダクラブの音楽もまた、リスナーに高揚感と快感を与える力を持つ。

  • twitter_header
  • アートボード 1@3x-100
  • アートボード 1@2x-100
  • デモ音源募集
  • 代沢まつりアイコン
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8