ROCKET K

ロケットケー

TV-FREAK RECORDS

photo_l_8852_1

Profile

MEMBER:
古閑(ROCKET K.O.G.A)(Vocal, Bass) 赤松(ROCKET AKA)(Guitar, Chorus) 梶原(ROCKET KAJIWARA)(Drums)

2001年5月K.O.G.A Records/Groovie Drunker Recordsオーナーであり元VENUS PETERのベーシストであった古閑(ROCKET K.O.G.A)が中心となり結成されたROCKET K。
メンバーは惜しくも解散した人気パンクバンドO(オー)の赤松(ROCKET AKA)をギター、ドラムスに現CAPSULE GIANTSの梶原(ROCKET KAJIWARA)という最強メンバーであり、そんな彼等が作り出したグッドロッキンクールサウンドがこれでもかと凝縮された記念すべき二枚目の音源こそこのミニアルバムなのだ。サウンドはファーストの延長線をさらに押進めた楽曲群であり、彼等のル-ツとも言える60′s、特にTHE WHOの凶暴なリズムとBEACH BOYSに代表されるようなどこか懐かしいメロディーにこれでもかとたたみかけるコーラスにパンク、モッズ、70′sポップ等、彼等のルーツミュージックの良質な部分をうまくミックスしたかのようなサウンドはこのミニアルバムでも健在!
あくまでも一つのサウンドスタイルに固執せず色々な音楽を吸収し「ROCKET K」個々の味でオリジナルバンドサウンドを構築することが彼等のスタイルであることに変わりはない。
今回はグッドロッキンオリジナル4曲に彼等のテーマとも言えるベイシティローラーズの「ロックンロールラブレター」、ザ・フーの「ソー・サッド・アバウト・アス」(リードヴォーカルは初のギター/AKAが担当)、バーズ「ミスター・タンブリンマン」(全コーラスにTHE PLAYMATESの山本聖がゲストとして参加)のグッドカヴァーも収録。やはり特筆すべきはメロディー&コーラスの素晴らしさとメロコアも真青の疾走するスピーディなビートでありそれが見事に表現された作品こそこのミニアルバムなのだ!さらに1曲目は彼等の飲み友達でもあるビートクルセイダーズの荒木がゲストコーラスとして参加!
ロケットポップセンスに一層の磨きがかかったパンクロッキンポップナンバーに仕上がった。
またインディ、メジャー問わずパンク、ガレージ、ギタ-ポップ他メンバー各自が永年培ったバンド同志の横のつながりと広がりは新人バンドの域を遥かに超えた評判につながること必至。ライブは当然、実力に裏付けされた激しさと荒々しさにポップ&エンターテイメント性が同居し一聴一見の価値有り!! ROCKET Kこそ2002年のニューバンドの中において必ずや台風の目になることは間違い無いブライテストホープなのだ!!

  • デモ音源募集
  • アセット 8
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8