DUSK

ダスク

HIGH LINE DISC

photo_l_8926_1

Profile

MEMBER:
ジョーミチヲ() 戸谷誠(Gt.) 山崎俊彦(Dr.) タムラカズシゲ born 8th dec.(bassguitar)

2001年5月あたりにwilberry解散。
ヴォーカルのジョウミチヲ、2~3日だけ途方に暮れた後、即座に曲作りをはじめるとともに、心やさしき 友人たちの協力を得てデモテープを作りはじめる。デモテープを作っていく段階での楽曲のイメージとジョウの英国のフェイヴァリットバンド“THE THE”のアルバムからBAND名を“DUSK”と命名。
同年8月にジョウミチヲ主催の深夜イヴェントにて初めて4人編成のバンドでお披露目。
その後も都内のイヴェントを中心にライヴ活動を展開し、イヴェント会場でのみDEMONSTRATION DISKとしてCDを3回にわたって販売する。
2002年7月から現在のギタリスト、トタニマコトが加入。同年12月に下北沢HIGH LINE RECORDSにてシングル“about THE END OF THE WORLD / REVIVAL”をリリース。
2003年3月からドラムスにヤマサキトシヒコが参戦する。その後も気が向いた時にミナガワマコト(KEYBOARDS)、オカムラミオ(VIOLIN)がライヴに参加。
同年11月にセカンド・シングル“UNTOUCHED SKY / YOU ARE THERAPY”をリリース。
そのリリースに合わせて初のツアー“UNTOUCHED TOUR”を敢行、名古屋、大阪、神戸をまわる。
同年12月、上田ケンジのレーベル“john”からアルバムをリリースすべく、レコーディングに入る。
2004年1月、ベーシストとしてタムラカズシゲが加入、現在のメンバーが揃う。

  • アートボード 1@2x-100
  • アートボード 1@3x-100
  • デモ音源募集
  • UKFCintheAir+banner
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8