isshiki_artist-photo

interview

【UKP OFFICIAL INTERVIEW】つばき 一色德保、ソロアルバム「それでも、僕の足跡は続く」リリースインタビュー

今年、バンド結成15周年を迎えた、つばき。そのボーカルであり、ソングライティングを手がけるフロントマン一色德保がソロアルバム『それでも、僕の足跡は続く』をリリースする。つばきとは一味違った彼の音楽的趣向の深さや幅、挑戦や表現などを、タイプの違った各曲毎に味わわせてくれる今作。と、同時に、つばきの独特性や特異なところ、そして、ソングライターやシンガー、一色德保の拭おうにも拭いきれない特性が浮き彫りにされた感のあるユニークな作品だ。

とは言え個人的には、このリリースニュースを最初に聞いた時に、ひとつの疑問が浮かんだ。”何故、この時期にソロ作品をリリースするのか?”だ。上述のとおり、今年はつばきの15周年のアニバーサリーイヤー。久々の大箱でのワンマンライヴの敢行や、旧知のアーティストたちと満場の上、素晴らしい光景を見せてくれた自身主催のフェスの大成功。リクエストライヴも行ったし、この冬にはそれを締めくくるかのように、久しぶりの全国ワンマンツアーも控え、そこでは会場限定のCDも発売する予定だ。であれば、本来なら散漫やブレを懸念し、つばきの活動に専念すべきではないのか?と。そんなことは多分、本人が一番よく知っているはず。では何故…?

そこには、つばきではけっして表すことのない幅や広い間口、そして意外性を掲示すると同時に、きちんとつばきに還元させる為の彼ならではの深い想いがあった。[Interview & text : 池田スカオ和宏(LUCK'A Inc.)]

 

 

完成結果、”ソロ作品ってこうなるんだ!”と、自分でも改めて気がついた

 

━これは私の作品印象なのですが…今作は、あえてつばきと違うアプローチを用いながらも、結果、それが拭っても拭い切れない一色さんらしさや、つばきの独特性みたいなものを浮き彫りにさせた感があります。

一色 : やっぱり滲み出ちゃいましたね。逆に、”ソロ作品ってこうなるんだ!”と、自分でもそれに気がついたところもあって。作品的には、”つばきではやらなかった/やれなかった表現をしたい”、と始めたんですけど、色々な人に手伝ってもらった結果、つばきとはまた違った作品性にはなって面白かったですけど。

━確かに、つばきからは想像もつかない多彩なサウンドアプローチですもんね。最初から、このような作品内容を想定して作り始めたんですか?

一色 : してましたね。それから自分も音楽的に成長したいとの気持ちもあったし。あとは、つばきを知らない人たちにも、知ってもらえるキッカケになったらいいな…なんてことを考えながら作ってました。

━それは、つばきが新作を出しても、”ああ、あのつばきね”と、これまでのイメージだけで、最近のみなさんを聴かずに、やり過ごしてきた方々を、もう一度、こちらに振り返らせる意味も含めて?

一色 : ですね。”つばきってこんなバンド”と言った、固有のイメージを持っている方々も多くおられると思うんです。そんな方たちにも、よりポップでキャッチ―な作品を用意することで、再び振り返ってもらえるかもしれないし。初めて聴いてくれる人や、つばきを全く知らない人にも、一色という人間のソロを通じて、逆につばきというバンドを知ったり、興味を持ってもらえるかもしれないとの期待もあってのことでしたね。

━では何故、そもそもそれが、つばきに専念すべき、このメモリアルイヤーのリリースでなくてはならなかったのでしょう?

一色 : 本来、”つばきだけやってりゃいいじゃん”って感じでしょうからね(笑)。これには幾つかの要因や理由があって。一つは去年、つばきとして出したアルバム(『真夜中の僕、フクロウと嘘』)で、自分の中では新しいつばきの形が出来たと思っているんです。あれはあれで素晴らしい作品だったので、もっと聴いて欲しくて。ほら、新しい作品を出しちゃうと、どうしてもライヴではそこからの楽曲がメインになっちゃうじゃないですか。それがちょっとイヤで。ホント、いいアルバムだし、作品内容には絶対的な自信を持ってるし、ライヴを通しても、もっと知って欲しいとの気持ちもあったんです。で、そうなってくると、別につばきとして出さなくてもいいかなって。

━で、自分の湧き出てくるものを作品にするにはソロでもいいかと。

一色 : それもあるけど、逆につばきの為になるからと、ソロを出したところもあります。

 

 

こと歌に関しては、あえて真逆のことをしたくなかった

 

━それにしても、様々な音楽性が次から次へと飛び出してくる、この作品内容には驚かされました。

一色 : もっとアコースティックな感じの、統一感のあるものが出てくると思ってたでしょ(笑)?だけど、つばきを知らない人にも知ってもらいたいというのがあって、あえてガチで攻め攻めで作りました。普通の人が新人としてデビューするかのような心づもりで。

━だからこそのサウンドアプローチの間口の広さだったと。

一色 : 自分の音楽的にも成長したいとの想いと、色々なことをやりたいという欲求の現れですね。

━とは言え、歌っていることを、つばきとそれほど変えずに来たところも逆に意外でした。バンドのフロントマンのソロ作品って、普段のバンドとは違ったカラーをあえて出してくるケースが多いじゃないですか。

一色 : つばきで歌っても違和感ないものばかりだなと自分でも思います。歌詞は変わらず、バンドでもソロでも自分のパーソナルな部分を書きましたからね。全然違った表現や真逆の表現をしたい気持ちも特には無かったし。逆に、こと歌に関しては、真逆のことをしたくなかったのかもしれない。

━では、歌いたいことが先にあったというよりは、表したいことが先にあったと。

一色 : かな。その中でもサウンドですね、主に。アレンジに関しては、ギター等の小佐井君に任せていたところもあって。僕が一度、アレンジしたものを彼に投げて、彼が広げていったり、変化を持たせてくれていったんです。なので、リアレンジしたものが返ってきて、驚いた曲も多かったですよ。だけど、それはそれで僕の中にないものだったりしたので、いいかなって。つばきでやらなかったり、やらなさそうなことを、あえて今回はやりたかったところが強かったし。それがイコール自分の音楽的成長にも結びつくんじゃないかとの思いもありましたからね。なので、表したいとの欲求も、”自分の頭の中に鳴っているものを表したい!”というよりは、”他から吸収したい!”"音楽的に成長したい!”の方が大きかったし、強かったんです。おかげさまでかなり勉強になったし、音楽的な吸収も出来ました。

━では、小佐井さんも、あえてつばきと違うアプローチを…。

一色 : 意識して作ってくれてました。アレンジで、”どちらにしようか?”を迷った時も、「こっちの方がつばきっぽくないね」を基準に決めていきましたから。

━バックのメンバーも、てっきりつばきフレンズが中心になると思ってましたが、人選も意外なところがありました。

一色 : つばきフレンズと一緒にやっちゃうと、どうしてもつばきに寄っちゃうじゃないですか。それは避けたくて。あと、前々からやってみたかった方々ばかりだったし。その方々とやることで何かこれまでになかった要素やニュアンスが表れることを期待してのところでもありました。”この曲には、この方のプレイやニュアンスが合うかな…”を想像しながら、各曲毎に依頼し分けさせてもらいました。が故のバラエティさは出たかなと。

 

 

やったことのないことへのチャレンジも今作の目標の一つだった

 

━ポストロック/音響系やエレクトロニカ、ネオアコやシティポップス等、およそつばきからは想像も出来ないサウンドアプローチが次から次へと飛び出してきて…。

一色 : 驚きました(笑)?全部メロから作ったんです。

━ネオアコやシティポップス的な楽曲に関しては、一般的にはもっと抜けが良く、開放感を出して歌いそうなところも、一色さんが歌うと、どうしてもそうはならなくて(笑)。それが非常に一色さんらしいなと。

一色 : (笑)。分かる。歌詞は全体的に暗いですから(笑)。こんなサウンドなのに、ところどころ毒が含まれていたり、って曲もあるし。あえて暗い歌詞に明る目のサウンドを乗せてみる。それらも昔からやってみたかったところでもありましたから。

━あと、ところどころ音で遊んでいて。”えっ!?”と、一度ヘッドフォンを外して周りを見回してしまった箇所もありました(笑)。

一色 : “えっ、何これ?”ってなったでしょ?この辺りも小佐井君のアイデアです。録る時もそうですが、録った後にも色々と加工したり、試したりしてみました。「これ面白いじゃん」「楽しそうじゃん」「つばきっぽくなくていいじゃん」って感じで(笑)。あと、一つのひっかかりが出てくるじゃないですか。”えっ!?”って。それも大事にしました。こういったところでもつばきだったら、「分かりにくくない?」「聴きづらくない?」って話になってたかもしれないし。とにかく、やったことのないことへのチャレンジも今作の目標の一つでしたから。

━歌の面はいかがでした?

一色 : 僕、ハネたり、シャッフルする曲を歌うのが凄く苦手で。中でも「グレイプ」には苦戦しました。つばきでは、あまり無いタイプでしたからね、ハネたり、シャッフルする曲って。だけど今回は、歌ってみて非常に楽しかったですよ。やって良かった。どの曲も、それぞれの曲に合わせて、そのサウンドを自分なりに解釈して、それらに合うように歌ってみました。

━とは言え、これだけ多彩なサウンドアプローチにも関わらず、どれも一色さんが歌うと、つばきっぽくも聴こえるのが面白かったです。

一色 : 音楽的には、アプローチが全然違うのに、ねぇ。だけど、それがソロってことなのかもしれない。

━曲はけっこう書き溜めていたんですか?

一色 : 幾つかの曲は、退院してすぐに書いた曲です。その時から、”これはバンドで演るのは難しいな…”と感じていて。いつかソロを出す時に使おうと。それ以外は最近書いたものが多いかな。でも、復帰してすぐは、なかなか曲作りの感覚が想い出せなくて。色々とかつての感覚を想い出しながら書いてました。

 

 

つばきへの還元の意識の方がむしろ強い、このタイミングでのソロ作品のリリース

 

━でも、ソロを出したあとのつばきのオリジナルが逆に難しい懸念があります。

一色 : その辺りは開き直ってますよ。どちらかといったら復帰作の方が難しかったです。

━それは?

一色 : どういうふうにみんなが聴いてくれるのかなって。期待されるし、それに応えたいって気持ちも大きかったし。そこを抜けた今、逆に今度の作品へのプレッシャーは全く無いですね。あと、次が見えたところもあったし。今はそれこそ、何をやっても大丈夫な自信はあります。

━でも、それはややもすると、つばき=一色みたいな見られ方がますます強くなっていくような…。

一色 : いや、それでいいと思うんです。元々このソロをやる際にも、周りからは、”ソロをやる意味があるのか?”"つばきでも好きなこと、やりたいことをやっているのに…”、って見方をされていたのかもしれない。だけど、やっぱりつばきだと他のミュージシャンとはいっしょにやりづらいし、アレンジャーも立てにくい。つばきはこの3人だからこそ成立する楽曲だったり、作品だったり、音楽性だったりしますからね。そうなると、やはり一色のソロはつばきとは違ったものと捉えられると。他のメンバーとサイドバンドを組むという方法論もあったけど、やっぱり根本は、このソロを通してつばきを知って欲しいというのがありましたからね。つばきを知らない人にもアプローチが出来、そこからつばきを知ったり、好きになってもらえるキッカケになるかもしれないし。音楽性にしても吹っ切れたことが出来る。だから、僕がソロでキャンペーンに出ても、キチンとつばきのことはしっかり一緒に宣伝やアピールしますよ。それが目的の一つでもあるし。いわば、つばきを更に知ってもらう為の布石でもあるんです、今回のソロは。

━なんだかんだ言って、一色さんの中では、つばきが常に自分の中心にあるわけですね。

一色 : ですね。自分=つばきだと思ってるから。僕がソロを出すことも、つばきが動いているのとあまり変わりがない。バンドはあまり聴かないけど、ソロだったら聴くって人も中にはいるかもしれないじゃないですか。そこからもつばきに入ってもらえるし…。そう考えると、つばきへの還元の意識の方がむしろ強いかもしれない。あと、音楽性がより広がったことでつばきに還元できることも多々あるだろうし。

━なるほど。が故に、この15周年のタイミングであえて出したわけですね。溜飲が下がりました(笑)。確かにこれだけ楽曲がバラエティに富んでいると、曲それぞれで好きになってくれる方も違ってそうですもんね。では、こちらでも、つばきの宣伝もしときますか(笑)。

一色 : (笑)。11月から15周年の全国ワンマンツアーを行います。ワンマンとして全国を回るのは実に久々で。この15年間の代表曲、懐かしい曲、みんなが期待している曲を織り交ぜてやろうかと。あと、前作アルバムの中の曲もがっつりやりたいし、新曲も何曲か披露する予定です。

━まさに過去、現在、未来が堪能出来そうなツアーですね。

一色 : 是非来て欲しいです。ご無沙汰の方々も是非この機会に再び観に来て欲しいですね。

━最後に今作の聴きどころを教えて下さい。

一色 : つばきとはサウンドアプローチ的には違ったところが多々あるんで、つばきを知らなかった人は、もちろん、名前だけは知っている、また最近全然聴いてなかったな、なんて方にもおススメです。もちろんつばきをずっと聴いてくれている方々には、自分にこういった側面もあることを聴いて楽しんで欲しいなと。あと、歌詞は今回、いい感じに書けたと自負しているんで、つばきの僕=一色德保として書けてますので、是非、色々と楽しんで下さい。

 

【リリース情報】
isshiki_soro-CD_jacket
一色徳保ソロアルバム
「それでも、僕の足跡は続く」
2015年10月7日(水)発売
価格:2,500円[税抜]
品番:UKCD-1159
UK.PROJECT

収録曲
1朝が来るまで
2悪い冗談
3暮らしてた街
4グレイプ
5素敵な勘違い
6感情的な彼女だった
7星の軌跡
8揺れる風船
9三日月と約束
10裏と表

《ソロアルバムより「悪い冗談」MV》

【スケジュール】

つばき一色徳保ソロアルバム「それでも、僕の足跡は続く」発売記念インストアイベント
10月24日(土)15:00スタート
タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
イベント内容:ミニライブ&特典引換え
出演:一色徳保
サポートゲスト:小佐井 彰史、大迫 章弘

 

つばき15th Anniversary ワンマンツアー「石の上にも十五年」
11/3(⽕祝)仙台enn 2nd
OPEN 17:00/START 17:30
問い合わせ:NORTH ROAD MUSIC 022-256-1000

11/7(土)札幌ベッシーホール
OPEN 17:30/START 18:00
問い合わせ:Mount Alive 011-623-5555

11/14(土)岡⼭CRAZYMAMA 2nd room
OPEN 17:30/START 18:00
問い合わせ:岡山CRAZYMAMA 2nd room 086-225-9014

11/15(日)福岡Queblick
OPEN 17:00/START 17:30
問い合わせ:つくす 092-771-9009

11/17(火)松山サロンキティ
OPEN 18:30/START 19:00
問い合わせ:DUKE松⼭ 089-947-3535

11/21(土)大阪MUSIC CLUB JANUS
OPEN 17:30/START 18:00
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224

11/22(日)名古屋ell FITS ALL
OPEN 17:00/START 17:30
問い合わせ:名古屋ell FITS ALL 052-201-5004

11/27(金)渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00/START 19:00
問い合わせ:渋⾕CLUB QUATTRO 03-3477-8750

 

▶︎詳細はつばきオフィシャルサイトをご覧ください。

  • デモ音源募集
  • アセット 8
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8