名称未設定-2

livereport

【UKP OFFICIAL LIVE REPORT】10/17(水) Zher the ZOO YOYOGI 「UNKNOWN WEDNESDAY YOYOGI #2」

10/17(水) Zher the ZOO YOYOGI
『UNKNOWN WEDNESDAY YOYOGI #2』

出演:No color traffic light/BACKROND/Johnnivan
DJ:橋本薫(Helsinki Lambda Club)

 

 

毎月一回水曜日にZher the ZOO YOYOGIにて、インディーズレーベルUK.PROJECTがセレクトした次世代を担う若手バンドが集うライブイベント「UNKNOWN WEDNESDAY YOYOGI」の第二回が開催された。

この日は、Helsinki Lambda Clubから橋本薫もDJで参加し、フロアを楽しませてくれた。
 

橋本薫fix

MEGUMI fix

 

ライブはNo color traffic lightからスタート。この日、サポートベースが急遽出演できなくなり、3人でのライブとなったが、それでも全力で臨んだ。

アップテンポな曲ながら明るいだけではない歌。歌詞に耳を傾けると少し後ろ向きなことを歌っている。それもそのはず曲名は「未恋」だった。続く「幸せ者」も同世代に共感を得られるであろう等身大の歌を、Vo./Gtの椋香が寄り添うように歌う。「OBTガール」はダンサブルなリズムで、2本のテレキャスターのリフの絡みも印象的。

ミディアムなテンポに乗せ「幸せがずっと続けば」という想いを歌ったかと思えば、「明日がくるのが怖い。ちっぽけな自分だけど、自分のことを愛してあげれたら」といったダウナーなMCの後、スローな曲を切々と歌う。
最後は「僕にしかできないことを」と歌い出し、彼らの代表曲「蛍雪時代」を。自然に手拍子が起こり、手が挙がる。次は「蛍雪時代」を経て、より大きくなったNo color traffic lightに会いたい。

 

写真 2018-10-17 19 16 15

写真 2018-10-17 19 44 53

 

「俺たちがBACKROND!」と名乗り、フロント3人が前に飛び出す。ハードなギターリフとタフなビートがステージからあふれ出す。2曲目、まさに今、10月に演奏された「October」でオーディエンスの手が挙がる。

メロディック・パンクとギターロックを無理なく融合させ、時にスピーディに加速し、時にメロディアスに聴かせる。ドラムのチャイナ・シンバルの響きも印象的。
4曲目「PLACE」まで一気に畳みかけ、Vo./Gt.KakeruのMCへ。前回Zher the ZOOに出演したのをきっかけに、この日のイベントに参加した彼らは「音楽は人と人を繋げる力がある」と語り、この日に賭けた思いが伝わってきた。

ラスト「VASE」の前にMarcyのギターが鳴らなくなる機材トラブルがありながらも、シールドをアンプに直で繋ぎ替えるという瞬時の判断で乗り越えた。最後までパワー全開のライブに圧倒された。

 

写真 2018-10-17 20 07 39

投稿済写真12018-10-19 8 58 11

 

Johnnivanがトリで登場。 静寂を湛えたSEで登場し、同期音にタイトなリズムが重なり合い、リズムがメロディを構築し観る者をグイグイ引き込む。センターにキーボードを据えたshogoがキーボード二台を同時に奏でる。johnathanはカウベルを叩き、踊るように歌う。「インターネットの曲です」と言って「Y.G.M.B」をハンドマイクで歌う。高揚し思わずシャウトしたjohnathanの姿が心に刻まれた。

続いてシングルで配信リリースされた「Tomorrow Night」を披露。The Strokesなどのガレージ・ロック感と80′sニューウェーヴを融合させたような曲。伸びのある声を聴かせるjohnathanはまるで明るくなったイアン・カーティス(JOY DIVISION)のようだ。さらにシングルから「I Think I Know You」を続けて披露。印象的なギターリフとグルーヴィなベースラインの上を涼しいシンセ音が鳴り響くエレクトロ・ロック。

ラストの「Nobody’s Awake in This House」ではカウベルを叩く激しさも増し、タイトなビートを叩き出す豪快なドラムに目を奪わるほど、ロックバンド然とした面も見せてくれた。
JohnnivanのサウンドからはTalking HeadsやPiLのようなリズムの解釈から、The Raptureなどを彷彿させるフレーズも飛び出し、何度目かのニューウェーヴ・リバイバルがここ日本で起こりつつあることを確信させた。もちろんニューウェーヴだけではなく様々な音楽を吸収し、今の時代に照らし合わせ鳴らしているスタンスが頼もしい。今後の活躍に期待しかない。

 

写真 2018-10-17 21 27 15

写真 2018-10-17 21 30 47

文:田代洋一(Zher the ZOO YOYOGI)

  • audition2017_logo
  • デモ音源募集
  • ukfc2018バナー
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8