Bloodest Saxophone

ぶらっでぃすとさきそふぉん

UK. PROJECT

photo_l_797_1

Profile

MEMBER:
甲田神太郎(テナーサックス) 押川幸正(バリトンサックス) 鈴木晃(トロンボーン) 佐藤修二(ギター) 外岡篤(ベース)

ブラッデストサキソフォン:通称ブラサキ。
1998年テナーサックスの甲田伸太郎を中心に結成。都内クラブやライブハウスで活動開始。
2000年に発売したオムニバス「7 O’CLOCK JUMP」(勝手にしやがれ/ブラサキ/HOT SAXY参加)参加。
誰もが見逃しがちなジャズの一番いい部分に6人のメンバーのアクをぶちこんだ“ブラサキサウンド”「気を抜いた演奏じゃ俺たちの音は成り立たない」とメンバーが語るように、本気と言う気迫を兼ね備えたそれは圧巻、大好評を博す。
2003年11月12日 初のフルアルバム「Bloodest」発表。オーバーダビング一切ナシ、
ノーエフェクトの完全一発録り!生のブラサキサウンドを極限までリアルに詰込んだ作品。例えるなら、それはもぎたての果実。おろしたてのニンニク。さばきたてのバラ肉。フレッシュ!6人の力士が土俵の中でひしめき合う奇跡のデビューアルバムとなる。
2004年5月発売、大ヒットアルバム『HEDWIG AND THE ANGRY INCH TRIBUTE』(avex)に参加。
また、かねてよりブラサキのファンだったというm-floのメンバーからのアツイ要望により同年5月26日に発売となったm-floのラバーズアルバム『ASTROMANTIC』に、楽曲「VANESSA」でm-flo?Bloodest Saxophoneで参加。徐々にその名をとどろかせる。
同年8月25日にセカンドアルバム「Back Drop Swing」発売。完全なる一発録りは前作同様、さらに楽曲の幅を広げ音の真剣勝負に挑んだぶっとばしの一枚。「ジャズはクールではない」と言い切る6人の猛者が作り出す音のかたまりはまさに動物性ジャズ!!
2005年より開始した自主ライブイベント「Snuck宇宙」は毎回Sold out!!大盛況早くも話題を呼んでいる。

  • audition2017_logo
  • デモ音源募集
  • ukfc2018バナー
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8