有山じゅんじと上田正樹

アリヤマジュンジトウエダマサキ

UK. PROJECT

photo_l_9075_1

Profile

伝説のコンビ復活!
くいだおれ太郎と再会!?
そしてレコーディング?
大阪が誇る名盤『ぼちぼちいこか』から33年。
◆1975年発表 オリジナル盤 上田正樹と有山淳司「ぼちぼちいこか」◆
日本のロック黎明期、東京では<はっぴいえんど>がアメリカ西海岸の音楽を吸収しながら、オリジナルの日本語のロックを歌い物議をかもした。大阪ではアメリカ南部のR&Bを吸収しながらオリジナルの関西弁のリズム&ブルースを歌い出した若者達がいた。
携帯もメールもなく、今では信じられないほど東京と大阪の距離が遠かった1970年代に、若者達は数少ない情報の中から自分達にとってリアルなものを探し出していた。
「上田と有山」の『ぼちぼちいこか』はその時代の傑作中の傑作。
ラグタイムブルースに大阪弁をのせて歌うという画期的なスタイルは、東京の「はっぴいえんど」とおなじようにオリジナリティに溢れ、荒削りではあるが洗練された、衝撃的な日本の新しい音楽の始まりだった。大阪の街並、大阪のユーモア、大阪の下世話さ、大阪のタフさ、大阪のリズムが、初めて当時のストリートから日本中にドロップされたのだから、まるでヒップホップのようだ。
バンド編成の「上田正樹とサウストゥサウス」は、それを、より大阪ミナミの土着的なエネルギーにあふれたソウルミュージックにして演奏していた。
『ぼちぼちいこか』は発売から30年以上たった現在でも、ロングセラーを続けている。

  • audition2017_logo
  • デモ音源募集
  • ukfc2018バナー
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8