Helsinki-Ramadan-Club

interview

「Evolution!Generation!Situation!」受賞アーティストインタビュー:Helsinki Ramadan Club 編

「Evolution!Generation!Situation!」最優秀アーティストを受賞したHelsinki Ramadan Club、特別賞を受賞したpirukuru、Cettia の3組にメールインタビューを実施。今回がその最終回。最後を飾るのは最優秀アーティストを受賞したHelsinki Ramadan Clubの登場。トリッキーかつクレバーな演奏。そしてその中に宿っている確かな歌心。高水準でバランスしたそのパフォーマンスは見るものを虜にした。知名度もじわじわ上昇しつつある彼らの、今現在の生の声に触れていただければと思う。[取材・文 / 濱田和人(UKP)]


–:「Evolution!Generation!Situation!」特別賞の受賞発表から少し経ちましたが、現在の率直な気持ちを聞かせてください。

橋本薫(Vo.Gt):未だに信じられない気持ちではありますが、ようやく夢の第一歩が踏み出せたんだなという気持ちも強まって、既にリリースするCDの収録曲やジャケットのことなど、先のことを一日中考えています。

佐久間公平(Gt):受賞の連絡を頂いたときはなんだか他人事のように感じていましたが少し時間が経った今、周りからの反応と共に受賞の実感が沸いてきたところです。

稲葉航大(Ba):正直、ベタな回答ですが未だに信じられないというかビックリしています。

アベヨウスケ(Dr):もう大分落ち着きました。今はUKFC出演やCDリリースなどこれからの予定全てが純粋に楽しみです。

 

–:順を追って聞いていきたいのですが、まずZher the ZOOでのオーディションライブが終わった後はどんな気持ちでしたか?

橋本:オーディションの数日前までは勝ちにいくぞって気分だったんですけど、当日近くなって、不思議とただ出し切って楽しみ尽くしたいなって気持ちになって、結果今までで一番じゃないかってくらい楽しんでやれたので、結果が駄目でも後悔はしないだろうなっていうすっきりした気持ちでした。

佐久間:演奏面、メンタル面、共にいい状態でライブができた満足感が大きかったです。オーディションの結果云々に関しては特に気にしていませんでした。

稲葉:やりきったって気持ちが一番大きかったです。あとはそれと同時に出演時間はかなり短かったのですが、凄く疲れて早く水が飲みたいと思いました(笑)

アベ:最高に楽しくて、いいライブしてやった!という自信はありました。

 

–:入賞の通知が届いた時は何をしていましたか?

橋本:ちょうどライブの日で、ライブハウスに到着してエレベーターで会場に入るタイミングでした。アベと二人で乗っていて、アベが携帯を見ていきなりUK受かったって言って。何のこと言っているかわからなくて「へ?」って聞き返しました(笑)

佐久間:ライブがあったのでライブハウスへ向かっている途中でした。

稲葉:その日ライブがあったので電車で移動してました。

アベ:Voの薫と二人でライブハウスのエレベーターに乗ってました。

 

–:入賞の通知を確認した時ってどんな気持ちだったんですか?

橋本:本当に受かると思っていなかったので、その日もただ良いライブしなきゃなーって思っていたのに、状況が飲み込めなさすぎて、アベとしばらく放心状態でした(笑)ずっと二人でマジかって呟きあって(笑)

佐久間:受賞するとは思っていなかったので喜びよりも驚きが大きかったです。

稲葉:通知が届いたときはもう震えました(笑)たぶんあの時電車の中で震えていたのは世の中で僕だけだったと思います(笑)

アベ:意外すぎてただただびっくりしました(笑)

 

–:オーディション応募から受賞にたどり着くまでを振り返って、ご自身に起こった印象的なエピソードなどありましたら教えて下さい。

橋本:けっこう夏までの間に、応募したオーディションはほぼ全部入賞していて、やっぱり少し慢心していたと思うんです。
そして某コンテストで優勝を逃して、おや?と思って。やっぱまだ何か違うんじゃね?と。それでその発表の翌日もライブがあったんですけど、あまり出し切れなくて、その夜打ち上げ後にウチに集まってその日の映像見返して駄目な部分とかを反省して、もう次の日がUKのオーディションだったんですけどセットリストも変えてしまおうということになりまして。そこから2時間くらい揉めに揉めて、ようやく3人(佐久間は終演後帰りました)の納得いくセトリにしました。
翌日佐久間に新しいセトリのことを話したら、半ギレで「正直俺はないと思います。意味がわからない。」みたいなこと言ったので、ふーんって思ってそのままセトリ決行してライブしたら優勝しました(笑)
教訓としては、佐久間のセンスがビンビンに拒否反応を示しているところにこそチャンスがあるということです。

稲葉:オーディションライブのセトリで揉めましたねー、、、かなり。前日の夜中メンバー(佐久間を除く)で話し合って決めました。

アベ:オーディションに応募したあたりから活動が軌道に乗り本当に色々なことがあったので一つあげるのは難しいです。しいて言えばGtの佐久間がどんどん調子に乗り始めたことですかね。

 

–:新木場STUDIO COASTのステージに対する想いを教えて下さい。

橋本:一度しか行ったことがないですけど、すごいところですよね。いっそめちゃくちゃ大きければ現実感がなさ過ぎて緊張しないのかもしれないですけど、大きいけどお客さんとの距離も遠過ぎずな感じで緊張をMAXに高めてくる鬼畜なハコな気がします。

佐久間:自分がリスナーとして好きなバンドの多くが新木場STUDIO COASTの舞台に立っているので同じステージに立てることが嬉しいです。

稲葉:実は新木場STUDIO COASTに行ったことがないんです。単純に行ってみたいところです!

アベ:急に規模がでかくなりすぎて緊張するのかさえよくわかりませんが、最初で最後の出演にならないようしっかりやりたいです。

 

–:最後にUKFC on the Road 2014出演への意気込みをお願いします。

橋本:思い出作りで終わらせたくないので、来年以降も出演できるように何かしら印象付けてきたいです。ベテランには出せないヒリヒリした感覚だったり、得体の知れない可能性みたいなものを感じさせられるようなライブがしたいです。

佐久間:当日はよろしくお願いします。

稲葉:UKFCに出るからには唯一無二の存在になれるよう張り切ってがんばります!!

アベ:あまり気負わず楽しみます。後悔はさせないので是非見てください。

 


Homepage: http://www.helsinkiramadanclub.com/


8月20日(水) 新木場 STUDIO COAST 【SOLD OUT】
出演 [Alexandros] / asobius / BIGMAMA / 銀杏BOYZ(弾き語り) / 松本素生(GOING UNDER GROUND) / MO’SOME TONEBENDER / Pee Wee Gaskins(from Indonesia) / POLYSICS / the telephones / TOTALFAT / Helsinki Ramadan Club / pirukuru / DJ:片平実(Getting Better)
料金 前売4,800円
時間 13:00開場、14:00開演

8月21日(木) 新木場 STUDIO COAST 【SOLD OUT】
出演 [Alexandros] / BIGMAMA / 勝手にしやがれ / きのこ帝国/ MAGUMI AND THE BREATHLESS / ニューロティカ / POLYSICS / the telephones / TOTALFAT / ウソツキ / Cettia / DJ:片平実(Getting Better)
料金 前売4,800円
時間 13:00開場、14:00開演

UKFC新木場TT

——————————————————————-

▶「UKFC on the Road 2014」公式サイト
http://www.ukproject.com/ukfc2014

▶「Evolution!Generation!Situation!」オーディションサイト
http://www.ukproject.com/ukfc2014/audition

▶「UKFC on the Road 2014」Twitter
https://twitter.com/UKFC2014

——————————————————————-

  • デモ音源募集
  • アセット 8
  • 代沢まつりアイコン
  • Zher the ZOO YOYOGI
  • CLUB Que SHIMOKITAZAWA
  • 下北沢発。新しい音楽、見つけよう。Majix
  • 風知空知
  • 1000x275_8